文庫のまちを歩く/みんなで墨東文庫をつくる Ⅰ

— Sunday, July 3, 2011 at 1PM —

墨東大学(京島校舎)

東京都墨田区京島3-21-9 1F

担当:木村健世 まちには数えきれないくらいの「物語」が眠っています。それはまちに住む人達が日々の暮らしの中で紡いできた沢山の物語です。まちは沢山の物語が折り重なって出来ている一つの文庫なのです。 墨東のまちを散歩しながらまちの人々の記憶の中にある「物語」を聞き出し、普段は見えづらいまちの姿を浮かび上がらせるのがこの講座の目的です。当日は一人につき1物語を目標に、きらきら橘商店街でインタビューを行います。そして集めた物語にタイトルをつけ、あらすじを併記した「文庫目録」をつくります。 ※この講座は今期中に合計3回を予定しています。最終的に集まった物語3回分をまとめ「墨東文庫・文庫目録Ⅱ」として発行する予定です。 おおよその時間割 13:00~13:30 ミーティング 説明 13:30~15:30 インタビュー散歩 15:30~16:30 各自タイトル、あらすじ文を考える 16:30~17:30 京島校舎の「地図黒板」にタイトルとあらすじをプロットしながら発表会 日時:7月3日(日)13:00~18:00頃 場所:キラキラ橘商店街周辺 集合場所:墨東大学京島校舎(当日12:50までに集合してください) 参加人数:10人くらいまで