虐待・自傷・自殺…どうすれば子どもの未来は救えるのか?

— Saturday, October 1, 2011 at 1PM —

Live on 事務局

東京都荒川区荒川4-25-8-603

Tickets

1

RSVPs

 子どもたちは、虐待・自傷・自殺…など社会現象によって追い詰められています。しかし、それらを「自己責任」と見なす傾向が強く日本にはあります。    それは格差社会や貧困の連鎖といった負の方向へと加速している日本社会では、立場の違う人のことを理解することや弱い立場の人を思いやる余裕を失くしてるのも一因です。    また自分にとって居心地の良い場を持てない人が増え続けていて、子どもたちを社会で育てる「社会的養護(原義は『親が育てられない子供を社会が責任を持って、養育・保護する制度』)」の観点がまだまだ普及していません。   そんな子どもの状況を12年に渡って取材し、児童養護施設・乳児院・母子家庭支援施設に直接関わり続けてる、フリーライターのロブ@大月が問題提起をし、みなさんで子どもの未来を変える方策を考える勉強会を行います。 ---------------------------------------------------------------------- スケジュール 13時~14時(ロブ@大月の『子ども被害』報告) 14時~15時(現状を変えるための意見交換会) 15時~(懇親会) ---------------------------------------------------------------------- 参加費:13時~15時までの方「1000円」 ※15時以降の懇親会に参加される方は、「2000円」になります ☆学生の方は割引に応じます ☆参加費は自死遺族・遺児のグリーフケアを行っているにLive on”  に寄付されます。 -------------------------------------------------------------------- 開催場所等のお問い合わせは、グリーフサポート”Live on”  http://www.mamani.org/ mail:m.liveon@gmail.com  TEL:事務局090-6116-5680まで!!